アイフルによる在籍確認は、主に勤務先への電話によって行われます。融資の申し込みの際には、勤務先とその連絡先も申告しています。アイフルではその連絡先に電話をかけ、実際に申し込み者自身がその勤務先に在籍していることを確認するのです。

しかし電話連絡による確認となると、やはり在籍会社にアイフルの利用が知られてしまうことを懸念する方も少なくありません。ですがその心配はありません。

 

電話による在籍確認で、『アイフル』という社名が出されることはありません。


基本的には在籍確認を行うアイフルのスタッフが個人名で勤務先に電話をかけることになっているからです。仮に在籍確認担当のスタッフが田中という名前だった場合、田中という個人名だけで申し込み者への取り次ぎが伝えられるというわけです。

勤務先への電話連絡の場合は、申し込み者本人が席を外している時もあるかもしれません。

 

本人が電話に出ることができなくても、間違いなく勤務先に在籍していることが確認されれば在籍確認は完了します。


席を外しているという旨が電話を取った勤務先の同僚によって伝えられれば、必ずしも本人が電話を受ける必要はないのです。しかし、勤務先の会社が休みの日は、電話で在籍確認をしたくても出来なくなってしまいます。

 

勤務先に電話をかけても誰もいないので、取り次ぐことはおろか、在籍を証明することが出来ない為です。


この場合は勤務先の営業日を待って電話による在籍確認が行われることになります。しかし、即日融資を希望している方にとっては翌営業日まで待ちきれない場合もあるでしょう。アイフルに相談をすれば、勤務先が休日の場合でも給与明細の提出によって在籍確認を行ってくれる場合があります。

もちろん必ずしも書類による在籍確認に対応しているというわけではなく、基本的には電話による確認が主流です。その為翌営業日まで待たなくてはならない場合も否定できませんが、担当者の対応次第では、給与明細での在籍確認で即日融資を行ってくれる可能性も残されています。

 

在籍会社が休みの日に即日融資を希望する方は、アイフルに在籍確認について相談してみると良いでしょう。