消費者金融では専業主婦の申込は受け付けていません。


もちろんアイフルもそうなのですが総量規制の絡みでそうなっています。本来貸金業者には、収入のない専業主婦に貸し付ける為の救済方法である『配偶者貸付』があるのですが、

 

  • 旦那との婚姻関係を示す書類(住民票など)
  • 旦那の借入への同意書

の書類が必要となるので、旦那に内緒で申込みたい主婦の需要がなく、アイフルでもこの配偶者貸付は実施していません。貸金業者中でもこの配偶者貸付を採用している業者はほぼ皆無です。

そもそも専業主婦などの収入のない方のカードローンの申込は返済の見込みがないのでできないのですが、専業主婦には収入のある配偶者(旦那さん)がいますので与信は『問題はないのですが、

 

現在以前まで専業主婦の申込みを受け入れていた銀行カードローンが金融庁の介入で軒並み収入のない専業主婦の受入を自粛しています。


こういったアイフルもダメ、銀行カードローンでも専業主婦の申込みが厳しい状況では、収入のない専業主婦は、

 

収入のある旦那さんに正直に相談して、旦那さんに申込んでもらうしかなさそうです。

パートで安定収入があるのならアイフルに申込める?

 

パートで安定収入があるのなら主婦でもアイフルに申し込むことが出来ます。


しかし他の無利息期間のある大手カードローン(プロミス・アコム)でも同様に、パートで安定収入があるのなら主婦でも申し込むことが可能です。金利はアイフルよりプロミスの方が低い(30万円程借入た際の金利はアイフル実質年率18.0%に対しプロミスはアイフル実質年率17.8%)ですし、初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可)業界で唯一初回借入の翌日から始まりますので、無利息期間が減ることはありません。

これに対して他社無利息期間は、契約日の翌日から無利息期間が始まりますので、契約日から初回の借り入れまでに日が空くと無利息期間がそれだけ減ってしまいます。

その日の内にカード発行したい場合に利用する自動契約機も、プロミスは断トツの設置台数を誇ります。

自動契約機の全国の配置台数

プロミス アコム アイフル
約1,700台 約1,109台 約911台

さらには、アイフルは約911店舗中BOXタイプの店舗は約431店舗で半数近くBOXタイプになり、アイフルのATMが併設されていませんのでその場で手数料無料で借りることができません。狭いBOXタイプの『てまいらず』(アイフルの自動契約機)に入るのも、人目が機になって利用しづらいとデメリットもあります。

安定収入があるなら主婦でも誰にも迷惑かけずに大手消費者金融へ

  1. プロミス SMBCコンシューマーファイナンス

    プロミスレディース
    実質年率 年4.5%~17.8% 借入限度額 最高500万円

  1. アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ

    実質年率 年3.0%~18.0% 借入限度額 最高800万円